失くさずに常備するには

印鑑イメージ

いつでも使えるように、常に印鑑を持っておきたい。
しかし、ポケットに入れちゃうと、取り出すのを忘れて洗濯してしまったり、そのまま放置してしまったりしそうで、持ち歩く方法というのが悩ましいところです。
かばんに入れておいても、ハンコは小さいものなので、かばんの奥底へ行ってしまう心配もあります。

しかし、持ち歩きやすく、しかもかわいくて便利なスタイルのハンコがあります。
それは、頭の部分が印鑑になっているペンです。シャープペンで言えば、消しゴムが付いている場所ですね。
そこがハンコになっているんです。

ペンと同じ感覚でハンコを持てるし、とっさにすぐ押印できてとっても便利だと思います。
これならハンコ単体より、サイズがある分、存在感があって、無くす心配が少し減ります。
印鑑が付属ということで、もし落としてしまって誰かが拾っても、印面を見れば誰の物か分かりますね。

さらに便利な機能が付いている場合もあります。首からぶら下げられるように、長めの紐が付いているタイプです。
社員証やIDカードと一緒に、首からさげておけば、仕事中の突然の書類へのハンコ押しにも対応できます。
業務がスムーズになるし、わざわざデスクの中からハンコを取り出す必要がないので、合理的とも言えます。

ビジネスシーンでは、この印鑑付きペンが大いに役立ちそうなアイテムです。
メーカーによっては、カバーバリエーションやデザインも多くあり、自分のお気に入りが見つけやすいかもしれませんよ。

ページの先頭へ