ガイドを使う

印鑑を押すイメージ

書類などに印鑑を押す時、きれいにまっすぐ押せたら満足なんですが、思いのほか文字が斜めになってしまったことはありませんか?
まっすぐにはんこを持ったつもりでも、実際に押してみたら少し曲がっていた、なんてこともあります。

しかし、毎回曲がってしまうのも困り物です。
この曲がってしまうのを少しでも改善する手段があります。

ご自分がお持ちのはんこをじっくり見てみてください。
はんこを押した時にてっぺんになる部分が少しへこんでいたり、メーカー名がさりげなく印字されていたりしませんか?

実は、それがまっすぐに押すガイドになるのです。
それを目印にして、真上をちゃんと定めればきれいに印鑑を押すことができます。

それでも曲がってしまう!という場合は、印面が可動できるタイプで、せっかくガイドがあってもそれに印面が沿っていないことがあります。
自分で調整しておきましょう。

また、はんこによっては、このようなガイドがまったくない物もあります。
その場合は、自分でガイドを付けます。油性ペンで目立ちすぎない程度に、チョコンと点を付けておくだけでオーケーです。
真上がガイドだと見えにくいという場合は、真横でも良いんですよ。

とにかく自分がどう押してるか分かればいいのです。私は自分の手持ちのはんこには、すべてガイドが既に付いてます。
しかし、さらに自分で油性ペンでガイドを書いています。
おかげで、毎回曲がって悩んでいた癖はたいぶ改善されました!

ページの先頭へ