印鑑に個性が出る理由

印鑑イメージ

印鑑は人によって、そのサイズや字体が異なります。数本持っている場合、それぞれのデザインが異なっていたりします。
その一つ一つを見てみると、字のバランスや大きさも興味深いです。

例えば、画数が多い漢字の場合、文字の太さを押さえたり、苗字の漢字が三文字や四文字の場合は文字の大きさを小さくして、印面に収まるように作ってあります。
このようにその印鑑によって個性があります。

既製の市販の印鑑の場合は、最初からある程度よいバランスで作成されていますが、自分のこだわりがある方やデザインの希望がある方には、オーダーがおすすめです。

いくつかの字体を見比べて選ぶことができます。
その字体によって、イメージが違うので、実際に数パターンのバージョンを見てみて、お好みを探したい方には良い手段ですね。
また、大きさの微調整ができる場合もあります。文字間の空間のバランスなど細かい点も、確認しておきましょう。

画数が多い漢字で、かつ、文字が太い場合は、印鑑を紙に押したときに字がつぶれてしまう心配があります。
この場合は、銀行で押し直しを求められてしまう心配もあるので、漢字が気になる方はそこらへんも考えて作ってみると良いですね。

文字が大きければ大きいと印面の大きさも大きくあり、太い印鑑になります。
印鑑ケースもそれに合わせたサイズを購入しなければなりませんのでご注意を。
印鑑が太いせいで、ふたが閉まらない~!という事にならないようにしなければいけませんね。

ページの先頭へ