印鑑のフォントバランス

楽しむイメージ

先日、お買い物をした際に領収証をもらったんですが、ショップのレジ担当者さんのはんこがなんとも綺麗で驚きました。

というのは、フォントや字間がバランスよく、すてきなはんこだったからです。
私はベーシックな明朝体しか知らなかったので、目からうろこでした。

後日、スタンプのカタログを眺めていたら、フォントやサイズの細かな指定ができる事を知りました。
よく三文字も苗字になると、字の配置に少し悩んだりするようですが、文字のサイズを微調整することで、実際はんこを押した時、見た目が美しい仕上がりになります。

なんでも適当に作ってると気付かない点があるものですね。勉強になりました。
ちなみに、冒頭のショップのレジ担当者さん、様々なはんこを持ってるようで、他にはかわいい自体でインクが水色のはんこもお持ちでした。

この「はんこを楽しむ」ということ自体、私にはまったくない世界観だったので、こういうかわいいはんこが急に欲しくなってしまいました。

社内の同僚の子に、伝言メモなどを渡すときに、かわいいはんこを押したいなぁ~と色々想像してしまったのでした。
人の目を惹く魅力的な印鑑というのは、やはり密かな一工夫がある気がします。

それ以来、様々な人の印鑑の書体を見るようになりました。
そうすると、厳格に見える字、優しく繊細に見える字など、書体によって個性あることが分かりました。
はんこを作成する際には、書体にもこだわってみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ